忍者ブログ
http://junpmugen.blog.shinobi.jp/
数年前から始めたNゲージ、昔HOをやっていたが、それを全部売り払ってNゲージの世界に飛び込みました。レイアウトから車両etc・・・・好きな時に載せていきます。
ADMIN | ENTRY
 
< PREV 5958575655545352515049NEXT >
カレンダー
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
(06/11)
(09/30)
(12/12)
最新TB
プロフィール
HN:
tomykato
性別:
非公開
QRコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

myレイアウトに「トミックス JNR C57 135」
が登場しました。
今回のトミックスのSL復帰の意気込みと作りの良さに
心が挑発されたようで購入してしまった次第です。(^_^;)
購入して早速付属パーツ取付を行いましたが、
久しぶりの細かい作業に少し疲れました。(-_-;)
付属パーツの内容はデッキのつかみ棒、
前面手摺、テールライト2個、エアホース、
キャブの信号炎管、4つのナンバープレート、
テンダーのATS車上子です。一応全て取付ました。
尚、テールライト2個はつまようじで赤に塗った次第です。
最近の模型は細かいパーツの取付済が多い中で、
なかなかマニアックに販売したなあと思いました。
テンダーのライトも点灯、キャブの明かり扉も開閉し、
細部もよく出来ています。
そしてなによりも「ファイン・スケール」
なのが嬉しい限りで、当方がNゲージを初めて
最初の頃は大きさなんかには余りこだわっていなく、
KATOのでかいSLも格好はよかったので
気にしなく購入しまくっていました。
けれども、
昨年KATOの「C62 東海道型」を購入したとき、
現物を見て、「やはりファインスケールは重要」
と再認識した次第です。(-_-;)
今回のトミックスのC57の出来具合を見ていると、
どうもKATOのC62と共通した設計の仕方が
多いように感じられます。
どちらもプラ成型において凄く進歩しているし、
他社では無理やりスケール通りに
製作したためプロポーションが悪いのも多い中で、
この2車は実によく出来ていると思います。








PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ADDRESS
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ × [PR]
"tomykato" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.